アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
本宿小学校情報掲示板
ブログ紹介
この情報掲示板は、東京都府中市立本宿小学校に関する情報を掲示するために、校長室より発信しています。
府中市立本宿小学校長 松下 雄太
本宿小学校HP http://www.fuchu14s.fuchu-tokyo.ed.jp/
本宿小サポーターズブログ http://blog.livedoor.jp/honsyuku_support/
本宿小学校田んぼ通信ブログ http://blog.livedoor.jp/honsyuku_inasaku/
zoom RSS

「あといくつ寝ると運動会?」

2017/05/17 11:50

朝、正門であいさつをいていると「校長先生、あといくつ寝ると運動会ですか?」と1年生に聞かれました。とても楽しみにしている様子で笑顔が輝いていました。校庭には運動会のラインがきれいに引かれていて、子供たちがさっそく競走して遊んでいました。ゴールして勝利のポーズを決めている児童もいて、気持ちが高まってきています。応援団が練習している体育館からは、気持ちのこもった元気なかけ声と力強い太鼓の音が響いてきました。音楽室では、金管バンドクラブの演奏練習も頑張っていて、運動会が近づいてきたことを実感させる学校の様子です。運動会という大きな行事を通して、子供たち一人一人の体力の向上とともに、全力を出し切り、最後まであきらめない心の強さや、励まし合い、協力する優しさを学んでほしいと願っています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「まずあやまり  講話朝会」

2017/05/15 12:43

今月の生活目標は、「言葉づかいに気を付けよう」ですので、今日の講話朝会では、いけないことやまちがったことをしてしまったときの、言葉づかいについての講話をしました。


 『みなさんは、この話を覚えていますか。昔、床屋さんのご主人が小学生とぶつかって腰を痛めた話をしましたね。ひとこと「ごめんなさい」と言ってくれたら、こんなに痛くはなかったという話です。
相手のことを考えることは日本人のよいところで、江戸時代は「江戸しぐさ」という行動がありました。すれ違うときに傘を向け合う傘かしげが有名ですね。先日ある中学校で、こんな取組をしていました。「現代版江戸しぐさを考えよう」という取組です。
そこで、考えられたのが、まずこのリュックです。電車に乗るときは、どうしますか。そうです。後ろの人に当たらないように、おなかに「だっこ」するように背負いますね。2、3年生のみなさんは遠足でやりましたね。その中学校では、これを「カンガルー」と名付けました。覚えやすいですね。
そして先生が感心したのは、次の言葉です。何か、失敗したり、いけないことをしてしまったりしたとき、先生に注意されたら、どう答えますか。
「自分だけじゃない。」「他の子もやっていた。」と言い訳したり、「なんで、自分だけ。」と逆に怒り出したりしてはいませんか。これは、とても弱い心のはたらきで、このままでは、正しく強い人にはなれませんし、誰からも信頼されません。第一、悪いことをしたときに、言い訳やうそが通れば、これからも「ばれなきゃいい」と陰で悪いことをする人になってしまうかもしれません。
まず、自分がしたことを考えましょう。それが間違ったことだったかどうかを、認めることが一番です。そして、相手がいることなら、しっかり謝りましょう。これが二番です。最後は、二度とくりかえさないように誓いましょう。これができれば、人として成長できます。その後で、理由やどうしてそうなったかを説明するのです。
言い訳をしない人になるために、その中学校でつくった江戸仕草の名前は、ズバリ、「まずあやまり」です。どうですか。先生は、とてもよいと思います。床屋さんにぶつかった時、まず、謝っていれば、床屋さんは、こんな気持ちにはならないでしょう。
誰とでも仲よく楽しく生活したい。これはみんなの願いです。ぜひ、代表委員会やクラスでも、なにかオリジナルの江戸仕草はないか、話し合ってみてください。運動会練習が始まっています。相手の気持ちを考えて、優しく強い人になるために頑張っていきましょう。』


子供のころ叱られた思い出は、楽しい思い出ではありませんが、そのことから学んだことは、大きいと思います。子供は、失敗してもよいのです。しかし、その時に、自分に向き合うことが大事だと考えています。そして、それを乗り越えて成長する姿を、学校と家庭とが力を合わせて見守っていきたいと願っています。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「茨城県からかわいいヤギがやってきました。」

2017/05/08 11:45

東京農工大学の渡辺先生が、ヤギを連れてきてくださいました。今年度もヤギの飼育が始まりました。子供たちと一緒に、大切に成長を見守っていきます。このヤギの飼育は、東京農工大学のご協力により10年近く行っております。渡辺先生によると、ヤギ蔵、ヤギ吉は、今も府中刑務所で雑草を食べながら、元気にお仕事をしているそうです。昨年度本校にやってきたお母さんヤギのひまわりと6月に本宿小で生まれた双子のサンとムーンは、現在大学で大勢の仲間の中で、元気に過ごしているそうです。サンとムーンは活動が活溌で、この度そのまま大学に残って実習することになりました。そこで、渡辺先生が本日、サンとムーンに代わって、茨城県から昨年12月に生まれた女の子と今年の3月に生まれたばかりの男の子を連れてきてくださいました。(まさに、「ひよっこ」のようですね。)


2頭は慣れないヤギ小屋で、始めはあたりを不安そうに見回っていましたが、中休みには、大勢の子供たちに囲まれても落ち着いていました。すぐに本宿小学校に慣れて、草をたくさん食べて大きく育ってほしいです。その後の、ヤギの成長につきましては、渡辺先生と相談しながら、子供たちの豊かな情操の育成に向けて取り組んで参ります。ボランティアの皆様におかれましては、ヤギの飼育にご協力いただき、たいへんお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「風薫る5月になりました。」

2017/05/02 13:13

清々しい風が校庭を吹き抜けていきます。たくさんの子供たちは、半袖になって校庭を走り回っています。澄み渡った青空と鮮やかな木々の新緑が美しい季節になりました。校庭の隅にはタンポポやオオイヌノフグリ、オドリコソウなどの野草が咲き乱れ、小さな虫たちも活発に動いています。大切な生命の営みに気付き、心を豊かにできるのは、この季節のすばらしいところです。


学校便りでも、お伝えしましたが、この季節に親子で運動や料理、読書など、楽しい思い出をつくってご家族の絆を深めていただけたらと願っております。また、今月末には、第48回の運動会が行われます。体力の向上と最後まであきらめないで全力を出し切る心の強さを伸ばしていきたいと思います。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「消防車写生会」

2017/04/20 15:22

今日は消防車写生会です。中休みに子供たちが校庭に出てくると、真っ赤な消防車がありました。2年生が34時間目に消防車を囲んで絵を描くのです。最初に、消防署の方からのクイズがありました。「隊員は何秒で消防服に着替えるでしょうか。」「50秒ぐらいかな。」その後の実演では、20kgもある消防服や酸素ボンベを確実に装着して、ヘルメットをかぶり合図をするまで45秒でした。


それから、子供たちは消防車を囲んで一生懸命に絵を描きました。どの作品も消防車が大きく書かれていて上手でした。その間、隊員さんはずっとホースをもってポーズを決めていてくださいました。その姿をしっかり書いている子供たちもいました。青空の下で、白い校舎を背景に、真っ赤な消防車が輝いていました。


質問コーナーでは、たくさん手があがりました。友達の質問も、真剣に聞いているので、消防車のシャッターや引き出しの中には、たくさんのホースが整然とたたまれていて、ホースを伸ばす台車が乗用になって備わっていることなど、知らないことがたくさん分かりました。「そんなにホースが大切ですか。」「そうです。毎日ホースの点検をしているのですよ。30〜40本もあるのです。」という話を聞いて、「消防車って、ポンプとホースなんだ。」という気付きがありました。お礼を言ってから、並んで教室に戻るときも、「ありがとうございました。」としっかり言える子供たちはとても立派でした。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「初夏のような陽気でした。」

2017/04/19 14:41

朝から初夏を思わせる陽気になりました。半袖の子供たちも多くみられました。「これ、なあんだ。」といって握った手を差し出す子がいました。「何かな〜。」とのぞくと、手を開いて「ダンゴムシだよ!」と教えてくれました。かわいいダンゴムシが丸まっていました。しばらくすると動き出したので、周りの子供たちも笑顔になりました。校庭の隅では、子供たちがしゃがみ込んで、巣の周りで盛んに働くアリのようすを見ていました。周りには雑草が、たくさん花を咲かせていました。季節は、清々しい春になりました。


朝、教室に行き、ランドセルを片づけてから、校庭で体を動かす子供たちがたくさんいます。8時20分の予鈴がなると、一斉に校舎に入っていきました。25分から活動か始まりますから、時刻を守る気持ちがとてもよく育っています。子供たちがいなくなった校庭では、ブランコが楽しそうに揺れていました。


その後、体育館で、委員会紹介集会がありました。56年生が、所属する委員会ごとに発表していきました。委員長になった6年生の意欲的な発表がすばらしく、大きな拍手に包まれました。最後に、456年生で構成する運営代表委員会の子供たちが、「この本宿小学校を、よりよい学校にしていきます。」と力強く発表しました。これから始まる新しい委員会での、主体的な活動に期待しています。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ウィーンからの訪問団の皆さんを歓迎する会大成功」

2017/04/10 15:23

今日はウィーンから訪問団の皆さんが、本宿小学校に来校してくださり、学校や授業の様子を参観されました。そして4時間目に、訪問団の皆さんを歓迎する会を体育館で行いました。新学期が始まって間もないこの時期に、6年生が主体となってしっかりと準備し、お客様に気持ちよく過ごしていただきました。2年生から6年生までの全員合唱で心を込めて歌った「ビリーブ」は、ブリギッテ校長先生はじめ16人の訪問団の皆さんの心に届いて、とても感動されていました。


子供たちは、贈り物や歓迎の掲示をきれいにつくり、歓迎会での進行や英語での本宿小の紹介など一生懸命に準備しました。先生方も会場づくりや歓迎のビデオづくりなど、チーム本宿でおもてなしをしました。その甲斐あって、訪問団の皆さんはとても喜ばれて帰路につきました。


府中市と姉妹都市のウィーンとの交流に、本宿小学校が大きく関わって、校庭の桜の花も満開の時期にお迎えできたことを嬉しく思います。ブリギッテ校長先生やロベルト会長から、本宿小学校の子供たちにいただいた両校の友情を表したお土産の作品は、後ほど校内に掲示しますので、ぜひご覧ください。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

本宿小学校情報掲示板/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる