アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
本宿小学校情報掲示板
ブログ紹介
この情報掲示板は、東京都府中市立本宿小学校に関する情報を掲示するために、校長室より発信しています。
府中市立本宿小学校長 松下 雄太
本宿小学校HP http://www.fuchu14s.fuchu-tokyo.ed.jp/
本宿小サポーターズブログ http://blog.livedoor.jp/honsyuku_support/
本宿小学校田んぼ通信ブログ http://blog.livedoor.jp/honsyuku_inasaku/
zoom RSS

東照宮に感動! 日光林間学校(1日目)

2017/07/25 17:30
今朝は朝早くから、沢山の保護者のみなさんに見送られてバスは本宿小を出発しました。中央自動車道から圏央道、そして東北自動車道を通って、バスは順調に走りました。日光に着くと、美味しいお弁当をいただきました。ごちそうさまでした。
いよいよ世界遺産の日光東照宮に出発です。天気は曇りで、少し蒸し暑いですが、雨に降られなかったのは、良かったです。高い石造りの一ノ鳥居をくぐると左手に五重塔がそびえています。表門をくぐり抜け、三ざるの神厩舎の前でクラス写真を撮りました。二ノ鳥居をくぐり階段を上ると、陽明門が目の前にせまりました。間近にみる陽明門は、荘厳の一言でした。
子供たちは、その後の班行動を協力して成功させました。眠り猫が守る坂下門、その奥の幽玄な石段を登った先にある東照大権現(家康)、心で聞いた鳴竜の神秘的な響き…日光の歴史の奥深さを学んだ一日でした。
その後、霧のいろは坂では野生の鹿も現れました。華厳の滝は濃霧で見られないので、明日にしました。中禅寺湖を過ぎて、戦場が原へ。読み聞かせを思い出した子もたくさんいました。
バスは3時過ぎに宿に着きました。子供たちは部屋でくつろぎ楽しく過ごしました。これから食事して、キャンプファイヤーです。天候は曇りで、気温は21度、みんな元気です。次回は明日報告します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「明日から夏休みです」

2017/07/20 12:03

今朝の始業式で子供たちに話しました。

『この世界地図をみてください。日本から遠く離れたところにアイスランドという国があります。北極の近くですね。この国では、なんと6月から8月まで3か月が夏休みです。たっぷりの夏休みですね。みなさんは、明日から8月の終わりの約1か月ですから3倍です。「いいなあ。うらやましい。」と思う人はたくさんいるでしょう。この国は北極に近いので、夏は太陽がずっと出ていて夜も明るいのですが、冬はお昼頃ちょっと明るくなるだけで、ずっと暗いのです。だから夏は、ずっと活動できる大切な時期なのですね。


アイスランドでは、この夏の大切な時期が、ずっと夏休みになります。なんでだと思いますか。実は、アイスランドの多くの学校は、全寮制で、親と離れて生活しています。校舎の隣が、子供たちが生活する寮になっているのです。全員がそこで親と離れて合宿しているのです。おうちの人に、甘えることもわがままいうこともできません。だから夏休みになると、子供たちは、久しぶりに自宅に帰って、長い夏休みを家族と一緒に楽しむというわけです。どうですか?「いいなあ。」と思った人も、よく考えると「いろいろ大変だなあ。」ということが分かったと思います。


先生も、夏休みは家族と一緒に過ごして、たくさんの思い出をつくってほしいと思います。どこかに旅行に行ったから楽しいということもありますが、家族と一緒だったからさらに楽しいのですね。遠くの家族に会えることができたらそれも嬉しいですね。また、家族と一緒にお料理したり、散歩したり、ものづくりをしたりするのもよい思い出ができると思います。そして、家族のために、積極的にお手伝いで恩返しをしましょう。家族のために役に立った思い出や、自分の力でがんばった思い出をたくさんつくってほしいです。よい夏休みになることを願っています。それでは、2学期に元気に会いましょう。』


1学期の間、本校の教育活動に、深いご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。保護者の皆様には、夏の個人面談でご来校いただき、お子さんの学校や家庭での様子など担任とお話いただくわけですが、学校と家庭とがしっかり連携して、お子さんを温かく見守り、支援していくことが大切だと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。もうすぐ大暑になります。一年で最も暑さの厳しくなる時期です。ご健康には十分にご留意くださり、ご家族にとって楽しい思い出の夏となりますよう願っております。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「あいさつするのは、何のため」

2017/07/14 17:23

先日の講話朝会で、なぜあいさつをするのか、について、皆さんと考えてみようとアンケートを行いました。子供たちは、友達やクラス全体でこのことを考えて、校長室前のアンケートボックスにたくさんの回答がありました。


これは私が以前聞いた話ですが、宇宙開発の大きなプロジェクトで宇宙飛行士や関係者が集まる会がありました。そこには、ある世界的に有名な宇宙飛行士が参加することになっていました。その人が登場すると、驚いたことに、その人は会場の受付で、関係者だけでなく、誰に対しても笑顔であいさつをしていた人だったのです。その人はスピーチで、「狭い宇宙船に何か月も一緒にいるとき、一番大切なのは、チームワークです。みんなが仲良くなければ、このミッションは成功しません。」と言い、周囲の人々はその人柄に感銘を受けたということです。あいさつは、仲よく平和に生活するための大切な行動なのですね。


本宿小の子供たちは、そのことをよく分かっていました。アンケートには「仲よくなるため」「気持ちよく生活するため」「心が温かくなるから」という言葉がたくさん書かれていました。3年生の子供は「あいさつをいっぱいすると、自分も相手もよい気持ちになる。それをいっぱいすれば、よい世の中になる。」と書いていました。その通りだと思います。


また、相手のことを考える優しい人も多かったです。3年の子供は、「あいさつするのは、相手を気持ちよくするため。相手を気持ちよくすれば、自分も気持ちよくなるから。」と書いていました。また、5年の子供も「たとえ、相手があいさつしてくれなくても、自分があいさつを言えたから、それを良いことだと思えばいい。」と書いていて、とても感心しました。


先日、本宿小の子供が、バスの運転手さんに、「ありがとうございました。」と言ってバスを下りていきました。私は、同じバスに乗っていて嬉しくなりました。3つの「あ」のあいさつには、こんなに深い意味があったのですね。これからも、あいさつを大切にしていきたいと思いました。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「明日から7月、1学期の最後の月です。」

2017/06/30 16:14

6月は、初旬には6年生が、劇団四季のミュージカル『嵐の中の子供たち』を観劇しました。5年生は、日新町の水田まで元気よく歩いて田植えを行い、お弁当を食べて歩いて帰りました。また、全学年が体力テストで様々な種目で力を試し、4年生が社会科見学に出かけて、近隣にある清掃センターと水再生センターという生活に欠かせない施設を見学しました。


中旬には読書週間が始まりました。朝学習の時間はどの学級も静かに本に親しみました。読み聞かせでは、保護者の皆様に御世話になりました。ありがとうございました。また、ヤギボランティアの活動も始まりました。道徳授業地区公開講座では、東京農工大学の渡辺教授に「動物(ヤギ)の飼育と子供の心の成長について」ご講演をいただきました。ボランティアの皆様には、これからも2頭のヤギ(ゆきおとペコちゃん)のお世話をどうぞよろしくお願いいたします。また、学校公開には、900名を越える保護者・地域の皆様にご参観いただき、子供たちの学校生活の様子をご覧いただきました。たくさんの温かいご意見をいただき、ありがとうございました。励みにして努力して参ります。その日の午後は、学校農園の水道の整備作業に、学校・地域・保護者の皆様にご協力いただきました。翌日から、子供たちが農園活動を行ったときには、きれいになった水道を使用しました。こちらも、ありがとうございました。


そして下旬には、水泳学習ができる日が増えて、プールから歓声が聞こえるようになりました。4年生が、総合的な学習の時間で、ボランティアセンターの皆様と保護者の皆様のお力をいただいて、車いす体験学習を行いました。車いすの人の気持ちを考えて行動することの大切さを学びました。また、気温の上昇とともに、学校農園の作物の収穫量も増えてきて、3年生の子供たちが収穫しています。今週は6年3組が、道徳の研究授業を行い、「本当の友達について」考えました。全員の教員が参加し講師を招いて、授業について学び合いました。7月5日には、5年4組が社会科で研究授業を行います。これからも子供たちのために授業改善に取り組んでいきます。そして今日は、3・4年生が交通安全教室を行い、自転車の安全な乗り方について学びました。これから3年生が、自転車に乗れるのですが、交通安全には十分に気を付けてほしいと思います。特に焦ったり急いだりしているときは危険です。飛び出しは絶対にいけないと話しました。


あしたからいよいよ7月、1学期の最後の月です。学習のまとめをしっかり行い、積み残しのないように復習していきます。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「本はともだち」

2017/06/14 16:00

読書週間が始まりました。先日は図書ボランティアの方々にご協力いただいて朝の読み聞かせを行いました。担当された皆様、ご準備や当日の朝早くからの子供たちへの読み聞かせをありがとうございました。どの教室でもボランティアの皆さんを囲んで、子供たちは静かに聞き入っていました。「楽しかった」「今度いつあるの」と子供たちから聞かれるなど、読書に興味をもった子供たちが増えました。本当にありがとうございました。


学校でも読書活動を推進しています。休み時間や学習活動のすき間の時間などに、マイブックを読んでいる子供たちが増えました。梅雨の時期ですが、作物にとっては恵みの雨といいます。本宿小の子供たちにとっては、読書で心の栄養にしようと講話朝会で話しました。本をともだちにして、じっくりとつきあうことができるとよいですね。


この機会に、親子読書はいかがでしょうか。今日の天声人語に、あの手塚治虫氏は子供の頃、母親から漫画の本を読んでもらっていたという話がありました。また、「読書好きの子は、短絡的な考え方をしない」という作家の灰谷健次郎氏の言葉もあります。子供たちに、豊かな心を育むには読書はとても大切です。そして、本を通じて仲間が広がっていくのもすてきなことだと思います。私も毎日の通勤時間に文庫本を読んでいます。全十九巻の歴史小説が今、いよいよ最後の巻になりました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「運動会を終えて」

2017/05/31 11:51

今日で5月が終わります。今月はGWがあけてから、27日(土)の運動会に向けて、学校全体が走り続けてきたように感じます。特に練習を積んできた学年の表現運動は、子供たち一人一人がその成果を遺憾なく発揮して、すばらしい発表になりました。入場門では「絶対に成功させるぞ」という表情や、「頑張ろうね」と励まし合う姿が見られ意気込みが伝わってきました。演技を終えて退場門を駆け抜けるとき、やりきったというような清々しい笑顔に胸が熱くなりました。この運動会の大きな目標である、最後まで全力を出し切ることと、成功に向かって気持ちをそろえることが、子供たち一人一人の演技からよく伝わってきました。会場からたくさんの応援の声援をいただきましたこと、本当にありがとうございました。
この運動会を通して、子供たちが頑張ったことを、学校とご家庭で褒めて励まし、運動会の成功を子供たちの心に残し、この運動会で身に付けたことをこれからの生活に活かすことが大切です。たくさんのアンケートをいただき、ありがとうございました。保護者・地域の皆様と共に子供たちを育てていく「共育」を大切に、今後の教育活動に活かして参ります。
最後になりましたが、運動会の成功は、保護者・地域の皆様のご理解とご協力の賜と感謝申し上げます。PTAの皆様には、たくさんの場面でご支援をいただき、ありがとうございました。今年度は府中第十中学校の竹内校長先生より、たくさんのテントをお借りし、子供たちの上に掛けて上げることができました。その設営や撤収には、内藤会長を始め多くの保護者の皆様にご協力いただき、ありがとうございました。そして、府中第四中学校の三浦校長先生より、ボランティアの生徒の皆さんを派遣してくださり、今年度もサポート役として大活躍してくれました。支えてくださいましたすべての皆様に心より感謝申し上げます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「あといくつ寝ると運動会?」

2017/05/17 11:50

朝、正門であいさつをいていると「校長先生、あといくつ寝ると運動会ですか?」と1年生に聞かれました。とても楽しみにしている様子で笑顔が輝いていました。校庭には運動会のラインがきれいに引かれていて、子供たちがさっそく競走して遊んでいました。ゴールして勝利のポーズを決めている児童もいて、気持ちが高まってきています。応援団が練習している体育館からは、気持ちのこもった元気なかけ声と力強い太鼓の音が響いてきました。音楽室では、金管バンドクラブの演奏練習も頑張っていて、運動会が近づいてきたことを実感させる学校の様子です。運動会という大きな行事を通して、子供たち一人一人の体力の向上とともに、全力を出し切り、最後まであきらめない心の強さや、励まし合い、協力する優しさを学んでほしいと願っています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

本宿小学校情報掲示板/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる