アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
本宿小学校情報掲示板
ブログ紹介
この情報掲示板は、東京都府中市立本宿小学校に関する情報を掲示するために、校長室より発信しています。
府中市立本宿小学校長 松下 雄太
本宿小学校HP http://www.fuchu14s.fuchu-tokyo.ed.jp/
本宿小サポーターズブログ http://blog.livedoor.jp/honsyuku_support/
本宿小学校田んぼ通信ブログ http://blog.livedoor.jp/honsyuku_inasaku/
zoom RSS

「半日校長先生で府中第四中学校へ」

2017/09/11 17:28

今日の講話朝会は、半日校長先生として、府中第四中学校で、午前中勤めてきました。本宿小学校は、府中第四中学校、府中第三小学校と3校で小中連携をすすめています。本校には、府中第三小学校の宇都宮校長先生が、また、府中第三小学校へは、府中第四中学校の三浦校長先生が、訪問されました。


今回で3年目の半日校長先生ですが、各校の実際の様子が分かり、9年間を通した学びと育ちの視点で、連携することができています。本宿小学校では、宇都宮校長先生が、「あいうえおの話」をしてくださいました。私は、府中第四中学校で、「今、自分でできることは何か」というテーマで話しました。福島県南相馬市の中学生と先生が、離ればなれになった友やもどれないふるさとを思ってつくった合唱曲「群青」の話をしました。中学生も真剣に聞いてくれて、とても嬉しく思いました。5月の運動会のボランティアに続いて、明日の6年生の陸上記録会の朝練に、府中第四中学校の陸上部の顧問の先生と生徒たちが教えに来てくれます。中学校の先輩に憧れて、卒業後、陸上部に入る児童もいます。小中連携の絆を深めて、この地域全体で「世界に羽ばたく府中っ子」を応援していきたいです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「2学期のスタートです! 始業式」

2017/08/29 17:29

「おはようございます。」と子供たちの元気の良いあいさつが聞こえます。いよいよ今日から2学期がはじまりました。子供たちが、この夏休みを健康や安全に気を付けて過ごしてきて、今日元気に登校してくれたことがとても嬉しいです。日焼けした顔、少し背も高くなったようですね。久しぶりにクラスの友達にも会えたことでしょう。2学期も仲よく過ごしてほしいと思います。3名の新しい友達も増え、本宿小学校では、児童数737名で2学期がスタートしました。


今日の始業式では、学年が上がって半年近くが経ち、もう次の学年が近いということで、目標とめあてを自分で決めて、やり遂げることが大事ですと話しました。夏の甲子園では、「ベンチ入り」という目標をもって、そのために「めあて」をきめて一日千回も素振りをした選手がいたことを紹介して、例を挙げました。


●「算数をがんばる」が、目標だったら、「毎日計算練習をする」をめあてにする。●「作文の力をつける」が、目標だったら、「日記を付ける」や「毎日10ページ読書する」をめあてにする。●「発言や発表の力をつける」が、目標だったら、何かな?「毎日1回手を上げる」などはいいですね。「毎朝、校長先生に元気に挨拶する」でもいいよ。大きな声が出るようになるよ。●字を丁寧に書くが、目標だったら、何かな?「授業中必ずノートに書く」「自主学習ノートをつくる」いいね、いいアイデアだね。というように話しました。


最後に、新しい給食センターができた話です。生産者の方々、調理する方々など関わってくださる方々に感謝して、できるだけ残さずにおいしくいただき、健康になりましょう、と話して終わりました。明日はプレ給食です。


次は2年生、4年生、6年生の3人の代表児童の子供たちが、学期のはじめにふさわしく、自分のがんばる目標を、全校児童を前に実に堂々と発表しました。その後、全員で本宿小学校の校歌を元気に歌い、始業式を終えました。


そして、夏休みにがんばった合唱団とサッカー少年団の表彰を行いました。表彰を受けた児童に、今の気持ちをインタビューしました。「次も、勝ちます。」「地域のイベントでも心を込めて歌います。」という言葉が返ってきて、嬉しく頼もしく思いました。最後に生活指導の橋本先生から、「教室にものが落ちていたら、拾って届けたり、学級文庫が散らかっていたら、整理したり、困っている友達がいたら、声をかけて助けたり、2学期は、人の役に立つよいことを、校長先生が話されたように、自分で決めて、一日一回やりましょう。」と話がありました。すると、子供たちから自然に拍手が起こりました。スタートにふさわしく、がんばる気持ちが高まる式になりました。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ありがとうございました 日光林間学校(三日目)

2017/07/27 09:39
画像

いよいよ最終日です。日光林間学校が終わる淋しさと府中に帰る安心感が、子供たちにはあるようです。
昨夜は小雨のため、残念ながらキャンプファイヤーはできませんでした。その代わり、楽しみにしていたナイトハイクを行いました。力を合わせて夜の奥日光を歩きました。ドキドキだったでしょうか。また一つ思い出を作りました。
今朝は雨が降っています。宿舎で最後の食事をとって、今は日光ふくべ細工に熱中して取り組んでいます。最後の食事の片付けでは、食事係りの子供たちが、丁寧に床拭きまでして、最後にはみんなで確認するなど、みんなのためにあと片付けをよく頑張りホテルの方々にとても褒められました。同じように、様々な場面で、誰かに指示されなくても、責任感をもち主体的に行動する姿が、引率の先生方から報告されています。最高学年の自覚と誇りをもった立派な六年生です。
これから日光を離れて、府中に戻ります。心の中の日光の箱に、思い出をつめこんで。ありがとうございました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


降ったりやんだりの中を沢山の思い出を作りました 日光林間学校(二日目)

2017/07/26 17:35
画像

昨夜の夕食頃から雨が降り始め、夜中は本降りになりました。今朝も降り続いていましたが、願いが通じたのか、宿を出かけるときには、止みました。そして、曇り空でしたが、全員元気にハイキングに出発しました。今日は奥日光の大自然を学びます。迫力の湯滝から班行動で歩きました。真っ赤な赤沼は、読み聞かせで学んだ男体山の大蛇と赤城山の大ムカデの伝説の戦いを思い出させてくれました。
画像

戦場が原では、男体山や太郎山の神々しい山容が印象的でした。ホトトギスの鳴き声に耳を済まして、目を凝らしていました。やっと見つけたかわいい小鳥が喉を震わせて鳴く姿に感動しました。
画像

龍頭の滝です。まさに龍が空を泳いでいるようです。
画像

ゴールしました。約二時間のハイキング。大自然の中を友達と協力して歩きました。ばんざーい!
全員が元気に歩きました。みんながゴールすると、雨が降り始めました。まさにギリギリセーフです。
画像

昼食場所の三本松にバスで到着しました。なんと雨が止んだので、広場でお昼を食べました。
画像

次に向かったのは昨日見られなかった華厳の滝です。雨が降り始め、霧がかかりましたが、水量が豊富で落差があり凄い迫力でした。
画像

小雨の中でしたが、アイスクリームの味は格別です。光徳牧場にて。
画像

再び湯の湖畔に戻ってきました。温泉寺の源泉を見学しました。十円を源泉に浸して何度も磨いています。磨くほどに変化するので驚きました。
その後、歩いて宿に着きました。少しゆっくりお風呂に入ってのんびりしています。全員元気に過ごしています。天候は不安定ですが、夕食のあとは、昨日できなかったキャンプファイヤーの予定です。明日は沢山の思い出を持ち帰ります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東照宮に感動! 日光林間学校(1日目)

2017/07/25 17:30
今朝は朝早くから、沢山の保護者のみなさんに見送られてバスは本宿小を出発しました。中央自動車道から圏央道、そして東北自動車道を通って、バスは順調に走りました。日光に着くと、美味しいお弁当をいただきました。ごちそうさまでした。
いよいよ世界遺産の日光東照宮に出発です。天気は曇りで、少し蒸し暑いですが、雨に降られなかったのは、良かったです。高い石造りの一ノ鳥居をくぐると左手に五重塔がそびえています。表門をくぐり抜け、三ざるの神厩舎の前でクラス写真を撮りました。二ノ鳥居をくぐり階段を上ると、陽明門が目の前にせまりました。間近にみる陽明門は、荘厳の一言でした。
子供たちは、その後の班行動を協力して成功させました。眠り猫が守る坂下門、その奥の幽玄な石段を登った先にある東照大権現(家康)、心で聞いた鳴竜の神秘的な響き…日光の歴史の奥深さを学んだ一日でした。
その後、霧のいろは坂では野生の鹿も現れました。華厳の滝は濃霧で見られないので、明日にしました。中禅寺湖を過ぎて、戦場が原へ。読み聞かせを思い出した子もたくさんいました。
バスは3時過ぎに宿に着きました。子供たちは部屋でくつろぎ楽しく過ごしました。これから食事して、キャンプファイヤーです。天候は曇りで、気温は21度、みんな元気です。次回は明日報告します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「明日から夏休みです」

2017/07/20 12:03

今朝の始業式で子供たちに話しました。

『この世界地図をみてください。日本から遠く離れたところにアイスランドという国があります。北極の近くですね。この国では、なんと6月から8月まで3か月が夏休みです。たっぷりの夏休みですね。みなさんは、明日から8月の終わりの約1か月ですから3倍です。「いいなあ。うらやましい。」と思う人はたくさんいるでしょう。この国は北極に近いので、夏は太陽がずっと出ていて夜も明るいのですが、冬はお昼頃ちょっと明るくなるだけで、ずっと暗いのです。だから夏は、ずっと活動できる大切な時期なのですね。


アイスランドでは、この夏の大切な時期が、ずっと夏休みになります。なんでだと思いますか。実は、アイスランドの多くの学校は、全寮制で、親と離れて生活しています。校舎の隣が、子供たちが生活する寮になっているのです。全員がそこで親と離れて合宿しているのです。おうちの人に、甘えることもわがままいうこともできません。だから夏休みになると、子供たちは、久しぶりに自宅に帰って、長い夏休みを家族と一緒に楽しむというわけです。どうですか?「いいなあ。」と思った人も、よく考えると「いろいろ大変だなあ。」ということが分かったと思います。


先生も、夏休みは家族と一緒に過ごして、たくさんの思い出をつくってほしいと思います。どこかに旅行に行ったから楽しいということもありますが、家族と一緒だったからさらに楽しいのですね。遠くの家族に会えることができたらそれも嬉しいですね。また、家族と一緒にお料理したり、散歩したり、ものづくりをしたりするのもよい思い出ができると思います。そして、家族のために、積極的にお手伝いで恩返しをしましょう。家族のために役に立った思い出や、自分の力でがんばった思い出をたくさんつくってほしいです。よい夏休みになることを願っています。それでは、2学期に元気に会いましょう。』


1学期の間、本校の教育活動に、深いご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。保護者の皆様には、夏の個人面談でご来校いただき、お子さんの学校や家庭での様子など担任とお話いただくわけですが、学校と家庭とがしっかり連携して、お子さんを温かく見守り、支援していくことが大切だと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。もうすぐ大暑になります。一年で最も暑さの厳しくなる時期です。ご健康には十分にご留意くださり、ご家族にとって楽しい思い出の夏となりますよう願っております。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「あいさつするのは、何のため」

2017/07/14 17:23

先日の講話朝会で、なぜあいさつをするのか、について、皆さんと考えてみようとアンケートを行いました。子供たちは、友達やクラス全体でこのことを考えて、校長室前のアンケートボックスにたくさんの回答がありました。


これは私が以前聞いた話ですが、宇宙開発の大きなプロジェクトで宇宙飛行士や関係者が集まる会がありました。そこには、ある世界的に有名な宇宙飛行士が参加することになっていました。その人が登場すると、驚いたことに、その人は会場の受付で、関係者だけでなく、誰に対しても笑顔であいさつをしていた人だったのです。その人はスピーチで、「狭い宇宙船に何か月も一緒にいるとき、一番大切なのは、チームワークです。みんなが仲良くなければ、このミッションは成功しません。」と言い、周囲の人々はその人柄に感銘を受けたということです。あいさつは、仲よく平和に生活するための大切な行動なのですね。


本宿小の子供たちは、そのことをよく分かっていました。アンケートには「仲よくなるため」「気持ちよく生活するため」「心が温かくなるから」という言葉がたくさん書かれていました。3年生の子供は「あいさつをいっぱいすると、自分も相手もよい気持ちになる。それをいっぱいすれば、よい世の中になる。」と書いていました。その通りだと思います。


また、相手のことを考える優しい人も多かったです。3年の子供は、「あいさつするのは、相手を気持ちよくするため。相手を気持ちよくすれば、自分も気持ちよくなるから。」と書いていました。また、5年の子供も「たとえ、相手があいさつしてくれなくても、自分があいさつを言えたから、それを良いことだと思えばいい。」と書いていて、とても感心しました。


先日、本宿小の子供が、バスの運転手さんに、「ありがとうございました。」と言ってバスを下りていきました。私は、同じバスに乗っていて嬉しくなりました。3つの「あ」のあいさつには、こんなに深い意味があったのですね。これからも、あいさつを大切にしていきたいと思いました。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

本宿小学校情報掲示板/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる