アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
本宿小学校情報掲示板
ブログ紹介
この情報掲示板は、東京都府中市立本宿小学校に関する情報を掲示するために、校長室より発信しています。
府中市立本宿小学校長 松下 雄太
本宿小学校HP http://www.fuchu14s.fuchu-tokyo.ed.jp/
本宿小サポーターズブログ http://blog.livedoor.jp/honsyuku_support/
本宿小学校田んぼ通信ブログ http://blog.livedoor.jp/honsyuku_inasaku/
zoom RSS

「学校公開、道徳授業地区公開講座、本宿小の教育を語る会」

2018/06/18 12:37

6月16日(土)に開催しました学校公開、道徳授業地区公開講座には、900名を越すたくさんのご家族、地域の皆様にご来校いただき誠にありがとうございました。また、初めて企画しました「本宿小の教育を語る会」では、200名近い皆様にご参加いただき、本宿小の教育活動の中心である「授業」についてパネル・ディスカッションを行うことができました。パネラーをお願いした農園活動・稲作活動でお世話になっております地域の松本良幸様と、現PTA会長の松村和典様には、多大なるご協力をいただきました。厚く御礼申し上げます。


また、午後には個人面談を実施させていただきました。学校とご家庭そして地域社会が力を合わせて、子供たちを育てていく「共育」を大切にして参ります。皆様のお声を大切に受け止め、風通しのよい学校経営を行って参りますので、これからも本校の教育活動にご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。


さて、今週から月末まで「読書週間」を行います。講話朝会では、かえるくんに登場してもらい(ぬいぐるみです…)、アーノルド・ローベルの「ふたりはともだち」を紹介しました。この機会に、よい本を見つけて、最後まで読みすすめてほしいと思います。「本宿小の本は、本好きの本だよ」と子供たちが言っていました。ご家庭でも、おこさんと一緒に読みすすめる「親子読書」などはいかがでしょうか。よい本に出会い、思い出に残る読書週間になってほしいと願っています。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「これからも地域の学校として 本宿小学校開校49年」

2018/06/11 13:30

6月10日(日)は本校第49回の開校記念日でした。その当時本校の開校にご尽力された皆様の志を受け継ぎ、本宿の地域の学校として、毎日子供たちの健全育成に取り組み、ご家庭や地域との信頼に基づく連携を大切にして参ります。この輝かしい伝統ある本宿小学校が、さらに発展していくように、教職員一同全力で取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、本日のテレビ放送による講話朝会では、この49歳になった本宿小学校が、地域の皆様に支えられていることを再確認し、地域の子供としてできることを考えようと話しました。今月の学び合いタイムでは、地域のために学級で取り組む活動を学び合いによって決めます。主体的、協働的に全員参加で決められるとよいですね。決まったことは、教室内に掲示しますので、今週の学校公開、道徳授業地区公開講座などでご来校頂いたときにご覧ください。


(講話朝会)私達の周りには多くの人の支えがあり、今の生活ができるのだと思います。私達の本宿小学校のために、協力してくださる地域の人達がたくさんいます。登下校を見守ってくださる方々、農園を教えてくださる松本さんや農協の皆様、ヤギのお世話をしてくださる大学の先生、お店たんけんで教えてくださるお店の皆様、昔遊びをしてくださった地域の方々、日本の伝統であるお琴の指導や、府中市消防団の活動、お祭りや本宿のお囃子のことを教えてくださる皆様、交通安全教室の警察官の皆様、キッズテニスや古墳まつり、つなひき大会など楽しいイベントを考えてくださる皆様など、たくさんいますね。


そうです。たくさんの地域の人に支えられているのです。本宿小学校はすばらしい学校です。だから先生は、地域の人から本宿小の子供が褒められることがとってもうれしいです。本宿公園を自主的に掃除してくれたみなさん、転んでしまったお年寄りの荷物をもって助けてあげたみなさん、朝や帰りに見守ってくれる方々にいつもあいさつをしているみなさん、ありがとう。先日5年生の田植えで手伝ってくれた地域のみなさんが、「本宿小の子供たちは、毎年、話をよく聞いてくれて、本当によい子供たちだね。」と褒めてくださいました。先生はとても嬉しかったです。


そこで、今週の学び合いの授業で、「本宿の地域の子供として、何ができるか」を考えてみましょう。いろいろなアイデアを出し合って、行動できそうな目標を決めてみてください。本宿小学校は、昨日で49歳になりました。これからも地域の学校として、本宿小の子供たちは、立派だなと言ってもらえるように、がんばりましょう。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「初夏の日差しの中で」

2018/06/04 12:35

早いもので6月に入りました。梅雨入り前のこの時期、初夏を思わせる日差しですが、休み時間は校庭で元気に体を動かしている子供たちがたくさんいます。友達と遊んだり、木陰やブランコで休んだりと過ごし方はさまざまですが、授業とのメリハリをつけて学校生活を送るためにも、休み時間は少し体を動かしてリフレッシュするとよいですね。休み時間の校庭では、笑顔と汗がたくさん輝いています。


私は安全管理も兼ねて、できるだけ多くの時間を校庭で過ごしています。特に鉄棒運動を熱心に取り組んでいる子供たちを応援することがよくあります。自分が挑戦している技ができたときは本当に嬉しそうです。私もその場に立ち会えて喜びを分かち合えることが幸せです。話を聞くと、休みの日に公園で練習したことや、おうちの人からアドバイスをもらったことをとても嬉しそうに話してくれます。技ができた子供たちが、教えてあげていている姿や成功を目指して互いに切磋琢磨する姿は、とても輝いています。私は「最初からできる人なんていないよ」「もう少しでできるよ」と励ましながら、初夏の日差しの中、両手にまめをいっぱい作って、何度も何度もがんばる子供たちの姿を応援しています。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「感謝の気持ちを行動で伝えよう 運動会」

2018/05/15 10:11

「ありがとう」の言葉の力を考える授業を、先週全クラスで行ったところ、学童の先生から、今までより「ありがとう」という言葉がたくさん聞こえるようになりましたと嬉しいお言葉をいただきました。「ありがとうの言葉の力」について、まず自分で考えてから、みんなで話し合ったことで、より考えが深まり、実際の生活に表れていると思います。


授業では、「お母さんに『産まれてきてくれてありがとう』って言われたことがあります」「お母さんに手紙を渡したとき『ありがとう』って言われて、すごく嬉しかったです」「ありがとうって言葉は一つなのに、こんなにたくさんの力があるなんてびっくりしました」という意見がたくさん聞かれました。そして「実は、たくさんの人に支えられて生きていることが分かりました」「それに気付くことが大事だと思いました」という深い気付きに到達した学級もありました。授業を通して、自分たちの力で課題を解決しているときの子供たちの表情は、とても生き生きとしていました。


いよいよ今週は運動会です。土曜日の本番に向けて一生懸命取り組んでいます。運動会は、体育学習の成果を発表すること、体力の向上と健康の保持増進を図ること、望ましい集団行動を身に付け、主体的に行動することの3つの目的があります。子供たちは毎日、汗をいっぱいかいて体を動かして、がんばっています。


今朝の講話朝会では、「母の日もありましたので、言葉や贈り物などで家族に感謝の気持ちを伝えた人も多いと思います。今週の運動会では、これまでお世話になった感謝の気持ちを、行動で伝えましょう。勝ち負けではなく、最後まであきらめないで走り続けること、出し惜しみなく、全力を出し切ること、この2つの行動で、たくましく成長した自分を見せてあげましょう。それが、お世話になっている家族への感謝の気持ちでもあります。」と話しました。当日の開会式でも、この話をします。ぜひ、その姿をご覧いただき、あたたかい励ましの声をかけてあげていただきたいと願っております。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ありがとうの言葉の力」

2018/05/09 12:18

今週は大型連休明けでしたが、講話朝会での話を聞く姿勢も立派でした。子供たちの休みから学校への気持ちの切り替えもよくできていました。今日の講話朝会は、「学び合いタイム」に向けて、みんなで考えてみてほしい内容を、提案しました。それは、あいさつの一つでもある「ありがとう」という言葉についてです。



『今日は、みんなであいさつの中の「ありがとう」という言葉について考えてみましょう。ある教室で、先生がプリントを配りました。一番前の子が、振り向いて後ろの子に、「どうぞ」と丁寧に手渡しています。後ろの子は一言「ありがとう」と言い、それがリレーのように、一番後ろの子まで続きます。見ていてとても気持ちの良いクラスだなと思いました。



感謝の気持ちや「ありがとう」という言葉は、とても大切だと思います。みなさんは、人から何かをしてもらったときに、感謝の気持ちを込めて「ありがとう」というのは大切だと言うことは分かっていると思います。でも、この気持ちをしっかり伝えているでしょうか。また、いろいろなことで誰かに支えてもらっていることに、気付いていないことはないでしょうか。



ここで考えてほしいのです。「ありがとう」という言葉の力について。この言葉をいつも伝えられたら、どんなクラスになるでしょうか。今週の学び合いタイムでは、この言葉から、自分の生き方を、振り返ってみましょう。』



各学級で、「ありがとう」という言葉の力について、自分の考えを出し合って学び合いました。子供たちには、日常でよりよく生活するための、学びにつながってほしいものです。この「ありがとう」は、指導によって身に付くのではなく、周囲の人の支えに気づくという心のはたらきによって身に付くものだと考えています。それが、この授業のねらいであり、子供たちが深い学びとして実感できればと願っています。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「こころをそろえる 講話朝会」

2018/04/24 12:00

今朝の講話は、みんながそろって行動する集団行動の大切さについて話しました。始めに、あいさつ、あんぜん、あとしまつをみんなそろって守ることができていると、学校が楽しく安全で気持ちよく生活できると話しました。


その反対に、運動会や学習発表会など、楽しい行事では、みんなの心がばらばらだと楽しい活動はできません。6年生の日光林間学校や5年生のセカンドスクールもそうです。そこで、心をそろえるために、みんながそれって、やってほしいことそれは、「靴をそろえる」ということです。あるクラスの教室掲示に、靴箱の写真がありました。みんなの靴の置き方から、気付いたことを話し合い、大切なことを考える学習をしていたのです。皆さんは、下駄箱で靴をはきかえます。家にあがる時も靴をぬぎます。そのときに脱いだ靴を、同じ向きにきちんとそろえてください、と話しました。そして、次の詩を読みました。



 「はきものをそろえる」
  
  はきものをそろえると 心もそろう
  心がそろうと はきものもそろう
  ぬぐときにそろえておくと はくときに心がみだれない
  だれかがみだしておいたら だまってそろえておいてあげよう。
  そうすれば きっと
  世界中の 人の心もそろうでしょう

最後に、学習では忘れ物に気を付けましょう。忘れ物があったら、みんなでそろって学習ができません。これも、これも大切なことです。今、話を聞く態度、こころがそろっていて、とても立派でした、と締めくくりました。



この日の午前中は、4年生の社会科見学でした。市民の生活の安全を守る消防署のようすについて学んできました。子供たちは、府中消防署で見たことや聞いたことを一生懸命メモしていました。歩道の歩き方も、道幅に合わせて2列になったり1列になったりと、すれ違う人のことを考えた行動ができました。出発前に、「気持ちがあれば心がそろう。心がそろうと列もそろいます」と言われたことを、よく守っていて感心しました。


消防署でのあいさつ、やる気に満ちた積極的な態度、そして行きの歩道での列をそろえて歩いた集団行動はとても立派でした。子供たちが「もう4年生だ。」という自覚をもっていることが感じられました。「疲れの出てきたときの話の聞き方や帰りの歩き方を、もっとよくしていこう」という先生の言葉に気持ちを入れてうなずいていました。次の社会科見学では、さらに立派な姿を見せてくれることを期待しています。給食をのぞくとカレーライスを美味しそうに食べている子供たちの笑顔がありました。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「1年生の給食はじまる!」

2018/04/16 13:12

今朝は対面式がありました。1年生が校庭に並んで、全校児童がそろいました。対面式では、6年生の代表児童が1年生に、「困ったことがあったら、何でも聞いてください。」と温かく呼びかけてくれました。明日からは、黄色い帽子の1年生が、校庭で遊びます。みんなで仲よく遊んでほしいです。


そして、本日から1年生の給食が始まりました。給食着にマスクの給食当番さんが、丁寧にお皿に盛りつけしてくれました。子供たちは、両手でしっかりお盆をもって移動しました。みんなが、そろって「いただきます」をしました。じょうずにお椀をもって、お箸をつかって、よくかんで食べていました。食べ終わったときは、「からあげがおいしかったよ。」「サラダ好き。」と嬉しそうに話してくれました。準備や片づけも少しずつ慣れていくことでしょう。「あとしまつ」もがんばっていました。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

本宿小学校情報掲示板/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる