アクセスカウンタ

<<  2016年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


「2学期もありがとうございました。」

2016/12/22 18:05

本日で2学期の教育活動が終わります。今朝は、750人の子供たちが体育館に集まり、2学期終業式を行いました。私は、ステージに上がり会場を見渡しますと、子供たちは誰一人として私語はなく、動きもなく、真剣に顔を向けていました。全員で「おはようございます。」と気持ちのよい挨拶ができました。


2学期の最後に、助け合うことの大切さを伝えようと考えて「人に優しく」の話をしました。本宿小では、たてわり班活動や本宿小まつり、学年対抗ロープチャレンジや普段の授業での学び合いの場面など、学校中の子供たちが豊かに関わる交流活動を推進しています。本日も1年生が、朝の準備や掃除などで、お世話になった6年生に、感謝の気持ちを込めて、夏に育てたアサガオの種をプレゼントしました。別れるとき6年生と1年生が、手を振り合っているすてきな場面がありました。また、下校時に雨が降りましたが、同じ方向に帰る下級生を、傘に入れてあげている上級生がいました。来年も「人に優しく」を大切にして、その輪を広げていきたいです。


終業式の児童代表のあいさつでは、1年生と3年生と5年生の代表児童がすばらしい発表をしました。1年生は、学級全員で大なわ8の字跳びを頑張りました。最初は44回だったのが、みんなで頑張っていると、記録がどんどん伸びていき、先日のロープチャレンジ大会の記録は見事に100回を越えたのでした。また、勉強では国語の字を丁寧に書いていたら、幼稚園の時よりも上達していたことを元気に話しました。3学期は係活動を頑張るという目標も発表しとても立派でした。


3年生は、苦手だった算数で、小数の計算や三角形の図形を習い、だんだん楽しくなってきたこと。特に小数は分かりやすかったから楽しく頑張れたことを話しました。そして、体力テストの結果で柔軟性が低いとあったので、毎日お風呂の後、柔軟運動を続けたら柔らかくなったことも話しました。3学期は体育の跳び箱運動で、かかえ込み跳びを頑張りたいと発表しました。柔軟性を活かして頑張ってほしいです。


最後の5年生は、頑張ったことを2つ挙げました。一つは、国語の漢字50問テストのことです。以前は、テストの直前で練習していたのを、テストのずっと前から自主学習でやるようにしました。それが結果に表れたので、少し意識するだけで、こんなにも変われるんだということを初めて知りましたと発表しました。そして、その2は、セカンドスクールという一大行事を経験して、人として成長できたことです。室長になり、みんなをまとめるという立場を経験して、最初は大変だなという思いから、次第にみんなのためになるという意識になったこと、大事な役目を乗り越えてはじめて、人として成長できるのだということに気付いたことを発表しました。勉強方法を自分で見つけたことは、まさに主体的な問題解決ですし、人間性を育むことの必要性を学んだことは、これからの人生を豊かにしたくましく生きる力になるでしょう。


本宿小の子供たちは、みんなすばらしい子供たちです。2学期も学校の教育活動にご理解とご協力を賜りましたこと深く感謝申し上げます。下校時に校門で見送っていると、あゆみへの喜びや、2学期を終えた充実感や、楽しい冬休みへの期待から、みんな笑顔で挨拶してくれました。「先生、よいお年を!」と。


どうぞ皆様も、ご家族でよいお年をお迎えください。そして、新年も本宿小学校教職員一同頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「いちょう吹雪だ! 深秋の風景」

2016/12/07 17:19

今朝は晴れて風が強く吹いていました。朝、登校してランドセルを片づけてから、校庭で遊ぶ子供たちがたくさんいます。新鮮な空気を吸い込んで軽く運動すると、気持ちがすっきりしてとてもよいです。私が正門にいると、「先生見て」という声がしました。すると正門の横の銀杏の木からたくさんの落ち葉が、風に吹かれて降ってきました。「わあ、きれい。」「いちょう吹雪だ!」と喜んで、見上げる子どもたち。ブランコに揺られて気持ちよさそうでした。


休み時間は校庭の南側に落ち葉がたくさん落ちていました。「落ち葉のふとんだ。」と言って子供たちが寝っ転がりました。「意外とあったかい!」といって顔を見合わせて笑っていました。落ち葉掃きも大変ですが、枝ばかりになった木々が毎日増え、季節の変化が感じられます。PTAの皆様にも落ち葉掃きで御世話になっております。ありがとうございます。


心から つたえる思い 「ありがとう」


これは、本校の4年生が府中市の第28回青少年健全育成標語コンクールで最優秀賞に輝いたすばらしい標語です。「ありがとう」は心を込めて伝える言葉であることを忘れずに、大切にしていきましょうと講話朝会で話しました。「ありがとう」という言葉を日常でたくさん聞かれる学校や家庭、地域にしていきましょう。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「オーケストラ鑑賞教室 4年生」

2016/12/01 18:42

本日は、4年生の子供たちとオーケストラを鑑賞するため、バスに乗って府中の森芸術劇場に行ってきました。世界的に有名な東京都交響楽団を、どりーむホールにお招きして、すばらしい楽曲を味わうことができました。会場に響き渡るオーケストラの演奏に、誰もが心が揺さぶられました。


司会の元アナウンサーの朝岡さんのナレーションに引き込まれ、作曲家の人生や曲の物語を想像しながら聞くことができ、激しさや儚さ、華やかさや不気味さなどを音楽で体感することができました。


合間に全員合唱の「ビリーブ」を歌いました。「人間は生まれながらにして、すてきな楽器をもっている。歌という楽器を。」という朝岡さんの言葉や、このすばらしい楽団による伴奏、そして指揮者の船橋さんの優しく温かい表情、それらと会場全体の音楽を楽しむ子供たちの雰囲気とが相まって、すばらしい大合唱となりました。歌の大好きな本宿小の子供たちは、思い切り伸びやかに、気持ちよく歌っていました。


アンコール曲は、あの5年生が学習発表会で演奏したファランドールでした。「音楽でお礼を言うことを、アンコールと言います。」と朝岡さんは言いました。こちらこそ本当にすばらしい心が満たされる演奏をありがとうございました。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2016年12月のブログ記事  >> 

トップへ

本宿小学校情報掲示板 2016年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる