本宿小学校情報掲示板

アクセスカウンタ

zoom RSS 「自分で決めよう。」

<<   作成日時 : 2017/02/06 17:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

節分で季節が分かれて、立春が過ぎ暦の上では春になりました。今日の講話朝会では、6年1組の学級通信で、学習に臨む態度について書かれていた「お客さんではありません。」について話しました。


『皆さんは毎日学校で勉強しています。何のために勉強しているのでしょうか。テストのため、あゆみのためですか。たしかにそれもありますが、もっと先のことを考えてみてください。そうです。将来の自分のために勉強しているのですね。また、人に役立つため、世界の平和のためという高い意識の人もいると思います。では、将来の目標や夢は誰が決めるのですか?友達でしょうか?おうちの人でしょうか?確かにアドバイスはしてくれるでしょう。でも、最後に決めるのは、自分一人ですね。』


と話した後で、『授業中、よく手をあげて自分の意見を発表する人、手を挙げてください。』と聞いてみました。思ったほど手が上がりませんでした。そこで『本当はもっと上がってほしいのです。そのための、お話をします。』と話をつなげました。


ある高校の入学説明会で、中学3年生の受験生を前にして、「受験勉強は、楽しいですか?それとも、つらいですか?どちらか考えて手を挙げて下さい。」と校長先生が問いかけた話です。会場の中学生は、どちらかに手をあげました。でも、上げなかった人も中にはいたでしょう。その後で、校長先生は言いました。「どちらに手を挙げたかは問題ではありません。大切なのは、自分で決めて、どちらかに手を挙げられたかということです。これからの社会は、自分で決めることができる強い人が必要です。」


講話の最後に『授業中、先生がみんなに聞いたら、手を挙げましょう。当てられたら、大切なのは、最後の「です。」です。みんなの代表として「です。」「と思います。」と言ってみましょう。当てられなくても、友達の話を聞いて、友達と同じ考えだったら、「同じです。」と言いましょう。「少し違います。」や「つけたしです。」と言ってもいいのですよ。そうして、授業はみんなが参加してつくっていくのです。間違えたっていいのですよ。教室は、間違うところです。間違えてからかう人は誰もいません。だって、意見を言えた人が、立派だからです。』と言いました。自分で考えて、発表して、みんなで考えを出し合って、学び合って、深めていく、そのようなみんなが参加する授業になってほしいと願っています。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
「自分で決めよう。」 本宿小学校情報掲示板/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる