本宿小学校情報掲示板

アクセスカウンタ

zoom RSS たすきを渡すとき

<<   作成日時 : 2017/02/27 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週は、2年生の「ありがとうの会」、4年生の「二分の一成人式」、そして全校児童による「6年生を送る会」が行われました。どの会も子供たちは一生懸命に取り組んで成功させ、とても楽しい思い出をつくりました。私も子供たちの一年間の成長した姿に感動しました。そんな楽しい会も終わり、今週は3月に入ります。今日の講話朝会では、この時期を駅伝に例えて、大切な心構えについて話しました。


『先日、味の素スタジアムで、東京都の中学2年生による地区対抗駅伝大会が行われ、府中市代表の中学生も一生懸命走りました。本宿小学校の卒業生も代表選手に名前がありました。みんな頑張っていますね。この駅伝は日本発祥の競技で、一本のたすきを、次の仲間につないでいく、長距離走のリレーです。箱根駅伝が有名ですね。


駅伝に例えると、今、みなさんは1年間の長い距離を走ってきて、たすきを渡す中継地点が近づいているところです。手を挙げて次の仲間が待っているのが、遠くに見えました。最後の力を振り絞って、全力を出して走り抜ける時ですね。では、自分のたすきをわたす相手は誰でしょう。


そうです。次の学年のまたは中学生になった自分です。「今の自分によくやった。」と自信をもって言えるように頑張りましょう。そのためにも、この中継地点が見えてからの、最後の時間が大切です。ここで、諦めたり、力を抜いたり、投げ出したりしては、今までの苦労が水の泡です。出し惜しみせず、全力で学習や生活に取り組んでいきましょう。』北風の冷たい朝でしたが、本宿小の子供たちは、どの学年も姿勢よく話を聞いていて、とても立派でした。ぜひ、ご家庭でも、温かいご支援と励ましの言葉をよろしくお願いいたします。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
たすきを渡すとき 本宿小学校情報掲示板/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる